犬小屋のシロアリ駆除費用相場について把握しておこう

犬小屋にシロアリが…~大切なペットを害虫から守る~

犬小屋のシロアリ被害

シロアリ

シロアリは、木材だけでなくコンクリートや発泡スチロール、ダンボールなども食べます。そのため、住宅の周辺に不必要なダンボールや発泡スチロールを置いておくと、シロアリが発生する可能性が高くなるのでやめましょう。犬小屋の場合は、地面に直接犬小屋を設置することで湿気が起こり、シロアリの被害に遭いやすくなるので要注意です。

すぐに駆除してあげよう

犬小屋でシロアリを見つけた際には、早急にシロアリ駆除業者に連絡することです。駆除を依頼する前に、シロアリ駆除費用相場を調べておくと、安心して任せることができます。

シロアリ駆除費用相場は坪単価で算出されると聞きましたよ。(40代/会社員)

シロアリ駆除費用相場は、坪単価で計算されます。以前駆除をお願いしたことがありますが、バリア工法の場合だと坪単価で6000円~10000円ぐらいで施工してもらえますよ。被害の状況や施工法によってこれよりも単価が高くなることもあります。

費用を調べるなら見積もりの内容を確認するといいみたいです。(30代/主婦)

シロアリ駆除費用相場を調べるなら、いろんな業者の見積もり内容を比較してみるといいですよ。また、見積もりと一緒に工事の内容や保証制度なども確認しておくといいと思います。安さだけで判断してしまうと、後で後悔することもあるのでいろんな業者をしっかり比較することが大事です!

市販の殺虫剤は使わない

犬小屋にシロアリを発見した際、シロアリ駆除費用相場を調べる前に市販の殺虫剤などは撒かないようにしましょう。応急処置として市販の殺虫剤を撒いたほうがいいのではと考えがちですが、嗅覚の鋭い犬には多大なダメージを与えてしまいます。人間の場合でも、薬剤を散布した後は臭いが充満して我慢するのが苦しいです。犬の場合はそれ以上に苦しい思いをすることになりますので、決して犬小屋に殺虫剤などを撒かないようにしましょう。

即効性は高い薬剤~犬への影響は大丈夫?~

シロアリだけに効果がある

シロアリ駆除を行なう際に使う薬剤が、人体やペットに影響をもたらすのではないかと懸念する人は多いでしょう。以前は薬剤によっていろいろな被害が発生していましたが、最近では安全性の高い薬剤が使用されているためそのような問題が起こる可能性も低くなっています。また、日本シロアリ対策協会が認定した薬剤を使用しているところも多いので、安心して駆除を行なうことができます。

ネオ二コチノイド系の薬剤

シロアリ駆除に使用されている薬剤は安全性の高いものが多くなっており、年々進化を遂げています。中でも「ネオニコチノイド系」と呼ばれる薬剤が主に使用されています。

薬剤の移り変わり
従来、シロアリ駆除には有機塩素系の薬剤が使用されていました。そこからカーバメート系、有機リン系、合成ビレスロイド系の薬剤へと移り変わり、現在のネオニコチノイド系が使われるようになったのです。
安全性が高い「クロチアニジン」
ネオニコチノイド系に分類される薬剤の中の一つに、クロチアニジンという種類があります。この薬剤はシロアリの神経伝達部分にのみ効果を発揮するという特徴があり、人間やペットにはほとんど影響をもたらしません。安全性が高い上に、シロアリの神経を麻痺させて撃退してくれる絶対的な駆除効果も期待できる優れた薬剤です。
TOPボタン